議会報告

唐沢としみの発言

[ 平成21年  6月 定例会−06月10日-02号 ]

◆三十六番(唐沢としみ 議員) 質問通告に基づき、順次質問いたします。
まず、地域分権、まちづくりセンターの充実について質問いたします。
熊本区長は、よく世田谷から東京を変えるとおっしゃいます。聞く耳を持つ区長として区民の発想を生かそうとすればするほど、自治権の拡充の必要性、分権の重要性を強く認識されるのも当然のことと思います。そこでまず、世田谷区の中の分権、つまり地域分権について伺います。
山積する区政の課題を解決するには、区民の身近なところで多くの区民の声を集め、区民とともに考え、行動していくことが不可欠であります。だからこそ区は三層制の地域行政制度を堅持し、身近な地域での区民の協働を進めてきたのだと思います。こうした中、ことしの十月から新しくまちづくりセンターがスタートします。私は、まちづくりセンターが区民にとって最も身近な地域分権の核となるように期待しております。また、まちづくりセンター構想に当たっては、あんしんすこやかセンターをその機能として取り込み、福祉面に関する区民と職員の連携の場としていただくことを望んでおります。しかし、地域分権の核となるセンターを目指すという視点で見ますと、不安な点があることも事実であります。
そこでまず、区は新しいまちづくりセンターを区政の中でどのように位置づけているのか、単なるまちづくり事務所と考えているのか、区民が集い自分たちで町の課題を解決していく区民自治のセンターとしていくのか、まず区の基本認識をお伺いしておきます。
まちづくり出張所の職員の話を聞いてみますと、新しい名前に生まれ変わるということを前向きにとらえている様子がうかがえます。先日も、ある所長さんが、新しい名前にふさわしいセンターになるよう全力を尽くすと言っておりました。しかし、よく考えてみると、職員のやる気が本当に成果につながるのか、大きな不安があるようにも思います。果たして区は、区民や職員に目指すべきまちづくりセンターの将来像を明確に示しているでしょうか。
言うまでもなく、新しいまちづくりセンターが身近な区民自治の核となっていくためには、目指すべきまちづくりセンターの将来構想をしっかりとつくり、そこに至る手順も含めて、わかりやすく区民や職員に示していくことが不可欠であります。そして、そうした情報を区民と職員が共有し、一緒になって汗を流していくことこそが区民とともにつくる町を実現する原動力になると思います。しかし、残念ながら、現状では新しいまちづくりセンターの具体的な機能強化策は現場任せになっているように思えてなりません。
そこで、区はまちづくりセンターの具体的な将来構想とその実現に至る手順をどのように示そうと考えているのかお伺いいたします。
さて、まちづくりセンターの将来構想と表裏一体となるのが町そのものの将来構想ではないでしょうか。私は、これまで繰り返し区民が主体的に身近な地域レベルの将来像をつくることの重要性を訴えてまいりました。さらに、そこに至る地区レベルの計画をつくり、区民と職員が一体となってまちづくりを進めるための指標とすべきことを提案してまいりました。
例えばまちづくりの強化策として、災害時の要援護者支援の取り組みが進んでおります。協力する町会等も順調にふえてきております。このこと自体は評価できます。しかし、実際には、最終的な整備目標や名簿の更新の状況、また、個人情報の取り扱いなどさまざまな課題が浮上しております。地区ごとに実情に応じた細かい計画があれば、こうした課題があっても、みんなが同じ目標の実現に向かって力を合わせていくことができるでしょう。区民と職員が同じ認識に立って、継続して町の課題解決に取り組めるよう、地区レベルのまちづくりの計画を整備すべきであると考えますが、改めて区の認識をお伺いいたします。
私が申し上げるまでもなく、今、区民生活は大変厳しい状況でありますが、このようなときこそ区民みずからが視野を広げ、未来を切り開く元気さを身につけていくべきではないでしょうか。そして、その先導役となるのが区の職員であります。区民とともに考え、汗を流すことができるような、区民の力を引っ張り出す力量を備えた職員こそが必要であります。そういう姿が必要です。
そこで、職員も区民とともに持てる力を十分に発揮できる職場環境づくりが必要だと考えます。しかし、出張所を初めどの職場も人員削減が続いて、目の前の事務処理で手いっぱいで余裕がなくなってしまっているように感じられます。職員が深く考え、創意工夫を発揮できるような職場づくりが、結局は区政の発展にプラスになると考えますが、いかがでしょうか。区の見解をお伺いいたします。
次に、公共施設整備、庁舎整備について何点か伺います。
このたび、来年早々には旧厚生年金スポーツセンターが新たに大蔵第二運動場として開設の運びとなりました。新しい区民スポーツの拠点として十分に活用されるよう要望しておきます。
さて、本庁舎につきましては、本庁舎等整備審議会での議論が進み、八月には答申が出されるとのことでありますが、拙速に進めるべきではないと私は思います。本庁舎は世田谷区政のシンボルであり、区民にとって最も貴重な施設であることは変わりありません。防災、文化、教育等、区民生活に本庁舎が果たすべき役割は非常に多岐にわたります。そこで、以前にも指摘したところでありますが、本庁舎こそ区民の知恵を結集して整備を進めるべきであり、言いかえれば、本庁舎の整備は、これまで長期にわたり住民参加を進めてきた世田谷区政の力量が問われる事業だと言っても過言ではありません。
そこで、お伺いいたします。今後の本庁舎整備に向けて区民の力をどのように生かそうとしているのか、どの段階でどのような区民の参画を求めていくのか、お答えをお願いいたします。
次に、梅ヶ丘病院の跡地利用についてでありますが、区では、保健医療福祉にかかわる拠点機能を中心として調査研究を進め、中間まとめを行い、その後、財政負担の抑制を含めた事業手法等の詳細な検討を行っていると聞いております。梅ヶ丘病院は、その規模の上でも、梅ケ丘駅のすぐそばという立地条件からいっても、二度と確保することが難しい貴重な施設だと考えます。したがって、区民の関心がとても高いものであります。保健医療福祉の拠点として、そのための機能を期待するものであります。
そこで、現在の検討状況と今後の区民の意向を計画的にどのように反映させようとしているのか、区のお考えをお伺いいたします。
大蔵第二運動場、本庁舎、梅ヶ丘病院跡地のいずれにしても大規模な施設整備であり、今後の財政運営を考えてみると、広範な議論が必要な施設ばかりであります。だからこそ、区民の広範な議論を巻き起こし、区民と区政が一体となって整備を進めなければならない問題と考えます。しっかりとした対応を強く求めて、壇上からの質問を終わります。(拍手)
◎板垣 政策経営部長 最初に、地域分権、まちづくりセンターの充実について、四点ご質問いただきました。
まず、新しいまちづくりセンターについては、単なるまちづくり事務所と考えているのか、自分たちで町の課題を解決していく区民自治センターとしていきたいのか、区の認識はとのことでございました。
地区まちづくりの主体は、住民の皆さんやさまざまな地域活動団体でありますことから、まちづくりセンターは人が集い、交流できる地区まちづくりの中核としての役割を一層果たしていくものと認識しております。具体的には、町会、自治会を初め、地区で活動する各種の団体がネットワークを組み、主体的に地区の問題解決に取り組むことができますようにコーディネートしますとともに、新たな活動の担い手の確保につながる支援を行うことが必要であると考えております。今後とも区民が主体的に地区の課題を解決できますように、十月一日の名称変更を契機に、より一層区民等の参加と協働の機会の充実を進めてまいります。
次に、区はまちづくりセンターの具体的な将来構想とその実現に至る手順をどのように示そうと考えているのかとのことでございました。
まちづくりセンターにつきましては、今後、ますます区民に最も身近なまちづくりの最前線の窓口として、また、さまざまな地域活動団体の支援や相談機能の充実など、地区まちづくりの中核としての役割を一層担っていくものと考えてございます。今後の取り組みといたしましては、まず、まちづくりセンターの役割について、これまで以上にわかりやすく案内するなど、区民に向けましたPRを強化してまいります。また、地域活動の活性化、ネットワークにつながるよう町会、自治会への加入促進、地域の絆再生支援事業などの事業の継続や、あんしんすこやかセンターとの連携の強化によります福祉相談等の充実、地域情報の発信などの取り組みを進めてまいります。
具体的な進め方につきましては、本年度に庁内PTを立ち上げまして、まちづくり出張所の名称のあり方に関する報告書を踏まえまして、地区まちづくりの充実や地域コミュニティーの活性化に向けた方向性や手順についての検討を進めているところでございます。
次に、区民と職員が同じ認識に立って、継続してまちづくりの課題解決に取り組めるよう地区レベルのまちづくり計画を整備すべきだということでございました。
地域が抱えるさまざまな問題に適切に対応するためには、地域コミュニティーの活性化が不可欠であり、区民と行政が協働し、区民が主体となるまちづくり活動を推進することが重要であると認識しております。そこで、区では住みよい町世田谷の実現を図り、地区レベルでの課題解決に向けた取り組みを進めるため、平成七年に身近なまちづくり推進協議会を設置してございます。その場におきましては、区民と職員が同じ認識を持って地域の課題を整理し、課題解決に向けた議論を重ねまして、各地区の実情に応じた取り組みを進めているところでございます。今後とも、災害時の対応や相談機能を初めとしたきめ細かな地区まちづくり支援を図りますとともに、区民等との協働の機会を拡充し、より一層地域の実情を反映した地区まちづくりの取り組みを進めてまいります。
次に、職員が深く考え、創意工夫を発揮できるような職場づくりをとのことでございました。
まちづくり出張所の職員は、地区まちづくりの中核としての役割を認識しながら、地域の皆さんと一体となって地域コミュニティーの活性化に向けて取り組みますとともに、最前線の窓口職場として、各地域の特性を生かした区民への情報提供の充実など、職員の創意工夫による改善にも日々努めております。
職員が直接区民の方と接する中で得た経験や創意工夫による改善につきましては情報共有を図り、区全体に波及させていくための仕組みとしまして職員提案制度がございます。職員の政策形成能力を高めますとともに、アイデアを共有することで区政の活性化を図っていくこと等を目的としており、こうした制度の有効活用が重要であると考えております。職場の活性化を図り、区民サービスの向上や区政の発展へつなげていくため、職員のより積極的な提案が出されますよう職員提案制度のPRの充実などに取り組んでまいります。
最後に、梅ヶ丘病院の跡地利用に関しての質問が一問ございました。区民の意向を今後の計画にどのように反映させようとしているのかとのことでございました。
区におきましては、都立梅ヶ丘病院跡地利用に関しまして、平成二十年度に全領域的観点からその利用を想定しました調査研究を行い、本年五月に地方分権・庁舎問題等対策特別委員会にご報告いたしました。この調査研究報告の中では、梅ヶ丘病院跡地に世田谷区に必要な保健医療福祉に係る機能の整備や多世代の交流の場や緑の創出、既存公共施設の移転整備の実現等を図ることが可能であることから、跡地の活用の有効性は高いとしております。現在、民間活力の導入など、財政負担の抑制を含めました事業手法などについて調査研究を進めており、適時適切に議会や区民のご意見を伺うと考えているところでございます。
以上でございます。
◎峯田 庁舎計画担当部長 庁舎整備に向けて区民の力をどのように生かそうとしているのか、どの段階でどのような参画を求めていくのかという質問にお答え申し上げます。
さまざまな面で区民の重要拠点である区役所の庁舎は、災害時には区民生活の安全安心を守る対策拠点となり、平常時には区民に快適に利用していただく施設であることから、庁舎問題は全区民的な課題であると認識しております。このため、議員ご指摘のとおり、八十四万区民の知恵と力を結集しての取り組みが求められ、まさに区の力量が問われているものと考えております。
区では、平成十六年から四カ年にわたって調査研究を行い、その結果について、昨年の五月に出張所等二十七地区において報告会を実施し、六月には地域団体の代表や区政モニター、無作為抽出の区民約六百名を対象に意識調査を行っております。また、九月には「区のおしらせ」特集号を発行するなど、これまで積極的な広報と区民意見の把握に努めてまいりました。また、昨年十月から区議会でご承認いただいた条例に基づいて審議会を設置し、学識経験者、地域団体の代表、また公募区民で構成する委員の皆様に活発なご審議をいただいているところであり、この八月に答申が出されることを予定しております。
審議会の答申を受け速やかに、議会はもとより広く区民周知を図ることとしておりますが、幅広いご意見のもとで区長のご判断を仰ぎ、改めて区としてその後の進め方を見定めたいと考えており、議員ご指摘の点は引き続き堅持してまいります。
以上です。
◆三十六番(唐沢としみ 議員) いろいろな公共施設の整備を含めてセンターなどを質問したわけですが、いずれにしても、すべての区民にかかわる問題でありまして、このところ区は積極的な区民参加が行われていないような感じがいたします。こうした重要なものを中心として広く区民の声を聞くという、そこからの課題をしっかりと受けとめていくことも必要であると思います。しっかり先を見ながら、取り組みを強化していただきたいと思います。区民本位の区政を進めていただきたいことを要望しておきます。

世田谷区議会からのお知らせ
一覧を見る
唐沢としみ 活動レポート
唐沢としみの政策
唐沢としみギャラリー
せたがや区議会だより
環境放射線測定結果
唐沢としみ事務所
〒158-0083
東京都世田谷区奥沢4-27-4 [ 地図 ]
TEL:03-3727-2950  
FAX & TEL:03-3729-3386
MAIL: karasawatoshimi@yahoo.co.jp
リンク